貴方は会社を優良経営に導いていますか!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

貴方は会社を優良経営に導いていますか!!

 

会社を経営していると、お金の管理、従業員の管理、儲けの管理が必要になりますね。

では、本当に儲かっているのかを貴方は何を基準に見極めていますでしょうか。

 

 

☆ 決算書から経営分析出来ていますか?

☆ 決算書から経営分析出来ていますか?


「今日の売り上げ」で判断しているのではないでしょうか?でも、売れ残っている仕入れ商品の在庫はどうなっていますでしょうか。

毎日売り上げた現金で儲けを判断しているのでしょうか?それでは「どんぶり勘定」になってしまいます。

現代は後から請求が来る仕入れ代金や税金、人件費、水道光熱費等この資金も必要になります。

 

自分一人で商売をしているのであれば人件費を考えずに出来ますが残った現金から自分の食いぶちを取ればよいのですが、でもそれでは先が心配です。また他人にお金勘定を任しておく訳にもいきません。

 

もの(商品)を売ると言うことは仕入れがあり在庫があり、給料や諸経費、とても頭では計算できなくなってしまいます。

 

毎日売れていると在庫の管理が大変になり、今月はどのくらい儲かっているか分からなくなってしまいます。

仕入れ、売上げ、在庫、人件費、その他経費、もう分かりません。

 

これではもう商売どころか話になりません。

 

 貴方は会社を優良経営に導いていますか!! 

 

やはり、健全な経営を目指すには毎月会計士さんに「今月は儲かっている・儲かっていない」と聞くだけでは仕事が出来ません。

 

近代経営は昔の「どんぶり勘定(経験値)」プラス「現代経営」ではないでしょうか。

それには会計士さんが作る月次資料の試算表や決算書(貸借対照表や損益計算書)が読めなければいけません。

 

簿記を知らなくても「決算書」で自分の会社の経営分析が自分で出来る、そして「決算書から危険を見抜く5つのポイント」を知ることも出来ます。

 

自社の決算書をいままでの感に頼る分析から他の方法で分析できることは、事業を他の方法からのチェックも行われ経営には十二分のチェック体制が出来、分析もできることになります。

 

貴方は会社を優良経営に導いていますか!!1【簿記を知らなくても解る!忙しい社長様の為の速習DVD教材!】

この事により盤石な経営体質となり、貴殿のさらなる経営に磨きがかかります。

 

 貴方は会社を優良経営に導いていますか!!

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る