あなたは実印〔印鑑(ハンコ)〕をお持ちでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学校を卒業し仕事を始めた時、まず始めに必要なもののひとつに印鑑(ハンコ)が有ります。

印鑑(ハンコ)にはいろいろな使い方が有ります。自分で自家用車を買った時、これは個

人の実印と印鑑証明が必要です。印鑑登録した印鑑(ハンコ)が自分の財産の証明にな

ります。

初めて就職の為の履歴書を書く時や就職をした時は認印(みとめいん)や訂正印が必要

になります。

「あ!!忘れました」、子供のころお正月にお年玉に現金が入っていた時、銀行や郵便

局に貯金!!これは銀行印かな?

 

印鑑(ハンコ)・黒水牛(法人印)

印鑑(ハンコ)・黒水牛(法人印)


まだ日本では印鑑(ハンコ)が無くては商取引や自分を表すものを証明できるモノ(書類的に)はありませんよね。でも少し簡単なもの(自宅宛の届け物等)はサインで良い場合も有りますが、基本は印鑑(ハンコ)です。
早めに大事な印鑑(ハンコ)を注文し作っておきましょう。

 

印鑑(ハンコ)の材質はいろいろありますが作る(買う)時はできるだけ材質の良いものを選び購入することをお薦め致します。

 

印鑑(ハンコ)は一つで何にでも使えます、その印鑑(ハンコ)を実印登録しておけばよいのです。
しかし、その印鑑(ハンコ)を失くしてしまった場合実印や銀行印であったらどうなるでしょうか?

自分一人では仕事全部ができきれない場合が有ります。安心・安全の為にいろいろな印鑑 (ハンコ)を用意しておくことをお薦め致します。

 


印鑑(ハンコ)の種類には個人印法人印があります。

 

印鑑(ハンコ)・黒水牛(個人印)

印鑑(ハンコ)・黒水牛(個人印)


➊ 個人印には実印銀行印

  印訂正印、等があります。

実印とは、法律上や社会生活上の権利義務の発生を伴う最も重要な個人印鑑です。

「実印」にしたい印鑑を、市区町村役場で印鑑登録をすることが必要です。

印鑑登録をして使用するので戸籍上の文字【フルネーム】を彫刻します。

 

銀行印は、銀行へ登録する金銭貸借関係に使用する重要な印鑑です。

銀行との取引(通帳を作る、借入等に使う)時に銀行で使用する印鑑です。

銀行で取引印としての印鑑登録が必要です。

「実印」や「認め印」等と区別し、管理することをお勧め致します。

 

認印(みとめいん)は、様々な確認事項に使用する印鑑です。

一般的には名字で作成します。自分の個性が出ますので重要な時は三文判は避けましょう。

通常、個人印を三文判(通称)と言うこともありますが、これは大量生産品を指してる場合を言います。

 

訂正印は、書類に誤字脱字など訂正箇所があった場合に、訂正箇所上で二本線を書きその線上部分に押印します。

大きいサイズの印鑑で押印すると、訂正箇所以外にも印影が重なり、読みづらくなることがあるので、帳簿や伝票などの修正には、訂正・修正専用の小さなサイズの印鑑を使用することをおすすめします。

 

実印は、印鑑証明を届け出た実印の捺印が義務付けられる商取引を行う場合や書類を作成する時に必要です。

実印は、最も社会的な信用の高い印鑑(ハンコ)として本当に必要な時だけ使うようにします。

実印と銀行印、認印、三文判は、メリハリをつけて上手に使い分けましょう。

 

印鑑(ハンコ)・三本セット(社印、実印、銀行印)

印鑑(ハンコ)・三本セット(社印、実印、銀行印)


❷ 法人印には、実印銀行印会社認め印会社

   印(社印)、等があります。 

実印は、代表取締役印や取締役社長印、など所轄の法務局で登録します。

 

銀行印は、取引先銀行にて銀行印として登録します。

できれば、実印とは別のものにしておいた方がよいでしょう。

 

会社認印は、法人や個人事業の認め印として使用します。

また会社実印の印影の悪用を防ぐためのリスクヘッジとして使います

 

会社印(社印)は、社印は、会社の契約書、領収書等に社名と共に捺印します。

会社、団体の権威と象徴を表示する重要な印鑑です。

角印にすることで実印や銀行印と解りやすくしておくと間違えることが無くなります。

基本的な使用方法は「会社名」での請求書や領収書、会社名の書類に押印します。

 

■ 実印として登録する場合の印鑑材質は印鑑としての形の崩れない材質が要求される

  場合が有りますので印鑑(ハンコ)を作る場合、注文先に問い合わせて作成すること

  をお薦め致します。

安心してご注文できるお店 ↴

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る